緑色レーザーポインターは、視認性の高さから利用される。超高出力レーザーポインターとして一般に利用される製品では法的な出力制限もあるため、同出力でもより「見易い」色のほうが理にかなっているためである。

緑色レーザーポインターは、視認性の高さから利用される。超高出力レーザーポインターとして一般に利用される製品では法的な出力制限もあるため、同出力でもより「見易い」色のほうが理にかなっているためである。 [20mwレーザー指示棒 緑色光 5つ星空キャップ付き] http://www.laseronsale.com/laserpen_1000mw/p-1218.html また、外科手術における利用や、先天色覚異常者による視認に関しても赤色レーザーよりも緑色レーザーの方が発見しやすいという意見がある。 緑色レーザーポインターではDPSS(ダイオード励起固体レーザー)方式の製品が低価格化し普及しているが、光学機器としての部品点数が多く、また電子回路も複雑なため、一般的に赤色レーザーポインターよりも高価な傾向がある。

輝度が向上し明るい映像が得られるプロジェクターではレーザーポインターの光点との輝度差が狭まり、クラス2でも650~690nmの製品では認識しにくい場合があるため、より認識されやすい635nm製品が適切となる。製造しやすさの面では650~690nmの半導体レーザー素子のほうが安価に製造できるため、玩具用ないし廉価版製品では同波長帯域のものが主流である。

カラス撃退レーザーポインターは形状や重さなど、さまざまなものが登場しています。資料を指すだけだから何でもいいと思いがちですが、実は用途によって最適なものがあります。現在はいろいろ色を発光するレーザーポインターが存在しますが、主に使われているのは赤と緑です。

http://www.laseronsale.com/laserpen_1000mw/p-6998.html

みなさんがよく見るのは赤でしょう。ホワイトボードなどの背景が白い資料には、赤色は可視性が高いため人気があり、そのため量産化が進んだため、安価で手に入れられる価格帯になっています。また、電池持ちが良いので、何かと長くなりがちな少人数の会議でも安心です。

緑はまだまだ一般的ではありませんが、赤色より明るく見えるために大規模コンベンションなどで使われることが増えました。使用光量が赤色よりも高く電池もちも悪く、まだまだ普及率が低いということもあってやや高価ですが、大きい開場での公演や、頻繁にプレゼンテーションの機会がある医療関係者や研究者を中心にユーザーが増えています。

広い開場や複雑な資料のプレゼンテーションに最適な緑色のレーザーポインターペン。パワーポイントの操作はもちろん、ジョイスティック機能搭載のため、説明中にマウス操作が必要になった際にパソコン前に戻る必要がありません。これなら会場を歩きながらの説明でも安心ですね。 http://www.laseronsale.com/laserpen_100mw/p-7034.html また、プレゼンテーション中は室内を暗くすることが多いもの。こちらのレーザーポインターにはバックライトが搭載されているので、暗闇での操作で困ることもありません。

緑色のレーザーは50m先でもよく見えると言われています。大きな講演の前に準備しておくと便利ですよ。

https://www.wireclub.com/users/laseronsa/blog/V6sLHwRuixco-vv-0/read

http://duriansa.deviantart.com/journal/Super-strong-laser-pointer-usb-627272389

  • プロダクトタイプ

    web
  • クリエイター
    laseronsa